お金が貯まる財布とお金が貯まらない財布の違いについて

私はお金が貯まる財布とはいったいどういったものであるのかを常に考えております。もちろん、何もしなくてもお金がたまる人もいます。しかし私の場合は常にお金が貯まらない状態でした。そのため、運にもすがる思いでお金が貯まる財布を持ちたくていつも意識していたのです。そこで気付いたのが、お金に対する姿勢、つまりお金を粗末に扱っている財布とそうでない財布が、お金が貯まらない財布とお金が貯まる財布との違いではないだろうかと考えるようになったのです。もちろんそれだけで大きな変化があるとは言い切れませんが、可能性は十分あると考えました。つまり財布の中でお金をきちんと整理していない人はお金を無駄に使用する傾向があると考えます。例えばお札を整理せずに財布に入れている場合、間違って支払うこともあるだろうし、今財布の中にいくら入っているのかを把握せずに使うこともあると考えます。つまり、お金のありがたみを考えずに使用していると言うことになるのです。一方、お金を大切に財布の中に入れている人はお金で失敗をすることは少ないものと考えます。そのため、お金をきちんと扱うような人の財布はお金がちゃんと整理されており、お金を敬って使用しているため無駄使いするようなことはなく、お金が貯まる財布であると考えております。そういったお金と財布との関係性を考えることで、私なりに自分のスタイル、つまりお金を尊重するような財布の使い方を構築することとなりました。もちろん、すぐさまお金が貯まる財布となったわけではありませんが、お金を無駄に使用しない姿勢は維持できました。そしてお金を無駄に使用せずに、きちんと財布にお金を入れることで徐々に財布の中でお金が増えていったのは事実です。では実際にどのように財布の中でお金を整理して保管したかですが、私はお札の向きや入れ方を考慮したのです。

お金が貯まる財布にするためにすべきこと

雑な人は結構財布にお金を入れる際、特にお札を入れる際お札の向きやシワを取らずに入れることが大半です。もちろん、使用することを前提としたお札なのでそこまで丁寧に扱うことはないのですが、お札で支払う際、支払った先の方が汚いお札だなと思うのはお金がかわいそうだと思うのです。そこで私は支払った先の方がもらってよかったと思えるようなお札にしようと財布の中ではきれいにシワをとって財布に入れるようにしております。これによりお金が貯まる財布としております。また、私はお札を入れる際、お札の向きが一緒になるようにしております。お札の向きが一緒になることで自分も気持ちいいし、お札に対する尊敬の念を持てるからです。そして財布からお札があまり出て行かないようお札に書かれた人の顔が下を向くようにしております。これにより逆さまにすることで気持ち的にお札にも財布を出て行かないよう思わせているのです。もちろん、すべて私の気持ち次第なのですが、そうすることで私はお金が貯まる財布を自分なりに構築しているのです。まだ、頻繁にお札を使用する機会を減らすべく、私は小銭とお札の財布は分けております。そうすればお札の入っている財布を取り出す機会を減らすことができ、結果、お金が貯まる財布を維持できるのです。私はこのようにして自分なりのお金が貯まる財布のスタイルを維持しております。もちろん、自分の意識の持ち方でいくらでも自分なりのお金が貯まる財布を作ることはできるのですが、どちらにしてもお札を使わない、いつまでもこの財布の中にいてもらえるように心がけることが重要であると考えます。そうすることでお札が出て行く機会を極力低減でき、理想的な私なりのお金が貯まる財布ができるのです。お金はとてもありがたいものです。そして使用する仕方次第でいくらでも状況は変わってきます。私はさらにお金が貯まる財布を構築すべく方法を見つけていく予定です。