手相占いで金運が悪かった貴方に|財布屋紹介

金は天下の回り物、とはいいますが、やはり金運といった要素も気になるものです。今年はなにか良いことでもないか、臨時収入のチャンスはあるか、そんなことを考えて手相占いを受け、「金運が悪い」といわれてしまったら、気になって落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。
手相で金運を示すといわれているのは、小指の付け根に向かってのびている「財運線」であり、これが濃くはっきりとしていると、財産が増えるといわれています。逆に、線がぼやけてよく見えなかったり、もともと無いといった場合には、金運が今ひとつ、ということになってしまうでしょう。
もう一つ金運と関わっている線として「太陽線」が挙げられ、これは薬指の付け根に向かって、のびている線のことを指します。この線がはっきりと見えていると、成功運が強いとされており、また長く感情線を越えていると、金運があるとされています。
手相占いは、約5000年前にインドで発祥したといわれており、長い歴史を経て研究が重ねられ、洗練されていった占いだといえるでしょう。西洋手相学や東洋手相学など、地域によって育まれた歴史があり、現代においても多くの人が、その知恵を利用しているのです。紀元前から長く人々の関心を集め続けた理由は、やはりその的中率にあるのではないでしょうか。今でも手相に関する書籍は多数発行されていますし、人気手相占い師に鑑定してもらうために、前々から予約をして待ち続けている、という人も居ます。
そんな人気の手相占いで、金運が良くないといわれてしまったら、気落ちしてしまうのも無理はありません。手相は一生同じというものでなく、時とともに変化しますから、もしも今のあなたには運が無いといわれてしまったら、運を向上するきっかけを、見つけ出すのが一番ではないでしょうか。金運アップに効果的なお財布を使い続けていれば、自然と持ち前の金運が向上し始めて、手相にも変化が出てくるかもしれません。