憧れの東京Rady


私は小悪魔agehaという雑誌が大好きで、中でも武藤静香ちゃんが一番大好きでした。
「静香ちゃんみたいになりたい」と思えたことで自分磨きすることを頑張れたし、
静香ちゃんを好きになってから少し自分に自信がもてるようになりました
そんなしーちゃんの立ち上げたブランドRadyはとても可愛くてセクシーで憧れていました。
毎日ブログでしーちゃんが着ていたり、ハウスラインの商品が写っていたりして私もこんな風になりたいなと思っていました。
でも私の住んでいる岩手にはRadyの店舗はないので、インターネットにて購入していました。
ほかのインターネットのサイトで洋服を買うのは参考になる画像が少ないので、
着た感じがどうなるのか不安で買ったことがありません。
でもRadyは公式ホームページにしーちゃんを初めとしてたくさんの写真が載っているのでとても参考になります。
1枚の洋服のページでこんなにたくさん載せてくれているのは本当に嬉しいです。
Radyの洋服は細かい部分にも本当にこだわって作っているんだなというのが伝わってくるので好きです。
似たようなセットアップを別のお店で安かったので買ってみましたが、
着た時のシルエットなどが全く違っていました。
その後Radyのセットアップ(彼氏とお揃いにできるもの)を買いましたが、
やっぱり細身にみえるし足も綺麗に見えて満足です。

少しお値段するなと思うときもあるけれど、
Radyの商品はそれ以上のクオリティーのものなのでついついお金を貯めて買ってしまいます。
最近はハウスラインを少しずつ集めていますが、
Radyのルームウエアを着て家の中のものもRadyにすると気持ちが高まるし、
なんだか意識が高くなった気分になって元気になれます。
そんな私が、友人と東京に旅行に行く機会がありました。
旅行中に自由行動の日を作ったのですが、私は原宿のRadyに行きました。
東京のお店はどこも華やかでキラキラしていましたが、
そのなかでもやっぱりRadyは別格でした。店内のインテリアもとてもゴージャスで、
店員さんもすごく可愛くて、可愛い人しかいなかったことが本当にびっくりでした。
お店に行っただけでワクワクがとまりませんでした。インターネットではなく、
実際に履いて確かめたかった靴を店頭で2足買いました。
ホームページやしーちゃんのブログで見ていた感じと同じでやっぱり可愛い!と思いました。
私は足の指が長くて、靴の合う合わないが激しいのですが、Radyの先金とムートンは問題なく履けました。
店員さんもとても気さくに話してくれて嬉しかったです。自分が着ていた服がRadyだとすぐに気づいてくれたところも嬉しかったです。