立川 談慶も推薦する記憶力の鍛え方


記憶力で苦労しているあなたへ もう少し記憶力が良ければ・・と考えてしまう時はありますよね。
学力が高い人というのは、脳のメカニズムをよく心得ている人なのかもしれません。

記憶力があなたも東大生以上の力を

記憶脳を鍛えるコツを覚えると、今よりもグッと記憶力が高くなり、
東大生以上の記憶脳を実感できるようになるのです。

天才脳開発パーフェクトブレインを身に着けた結果

右脳を鍛えると記憶脳が発達されることに注目したのが、
天才脳開発パーフェクトブレインなのです。
ネイティブの英文を聴きながら、
徐々に朗読スピードを上げて聴いていくと、
記憶力がアップする記憶脳の鍛え方を提唱しているわけです。
速聴することで右脳が活発化して、記憶脳を鍛えることができるので、そ
れまでの何倍も記憶力が身に付くのです。
この方法を試して記憶力が良くなった結果、
難しい司法試験に合格できたとか、
短期間外国語をマスターできるようになった
などの意見がたくさんでています。
若い頃から記憶力がなくて悩んでいる人でも、
この方法を使って記憶脳が活発になり、
ビジネスで大成功をおさめるきっかけになった人もいます。
記憶脳の鍛え方は、やる気やモチベーションを上げる、
脳内アップデートという方法を用いたものです。
英文には記憶力を良くするα3波という音源が使われていて、
繰り返して聴くことで、どんどん記憶脳が鍛えられていくのです。
記憶脳の鍛え方として大事なのは、脳内アップデートを効率良く進めるために、
英文の朗読スピードを、1.5倍速から4.0倍速まで上げていくことです。
毎日聴いていると記憶脳をコントロールできるようになり、
予想以上の記憶力を身に付けることができます。
さらに、記憶力だけでなく、メタ認知能力と呼ばれる思考力もアップできますから、
これまでよりも客観的に物事を捉えて、よりベストな判断ができるようになるのです。
記憶脳の鍛え方として、思考力と同時に高い集中力も必要になりますが、
英文のスピードを意識して、反復するように繰り返して聴くと、集中力に磨きがかかります。
勉強や仕事だけでなく、日常生活においても判断能力がアップするので、
時間を有効的に使って処理できるようになるわけです。
パーフェクトブレインが提唱する記憶脳の鍛え方で特訓すると、
信じられないくらい物事がはかどるようになります。
脳をコントロールできている状態ですから、
自分でも知らない間に、高度な記憶脳で情報処理ができるようになるのです。


集中力を劇的にUPさせるために

勉強や仕事に行き詰っている人にお勧めで、
短期間のうちに記憶力や思考力がアップして、
スムーズにやりこなしていける力が身に付くでしょう。
それから自分で出来る記憶脳の鍛え方のひとつとして、
集中力を長くキープするために、水分補給と睡眠時間をたっぷりとることをお勧めします。
食事を摂り過ぎると頭がぼんやりしてしまうので、1日2食を心がけ、
適度に休憩をとりながら試してみると効果がアップします。
脳を活発に働かせるには、休憩時に軽く有酸素運動を行うと、
体にメリハリが効いて、さらに効率が上がるので積極的に取り入れていきましょう。

実際に天才脳開発パーフェクトブレインをやってみよう

このように、英文を速聴するだけでなく、
自分でも脳の鍛え方について考えて行動することで、さらなるステップアップが望めます。
パーフェクトブレイン記憶脳の鍛え方は、科学的にも有効であり、
続けていくうちに効果が実感できるようになるのでぜひ試してみてください。


天才脳開発パーフェクトブレイン

【東大医師監修】はこちら